逢魔が時



茜色の残照が 
君の髪を幽かに染める

もの憂げな横顔が
薄闇に溶けて 
消えてしまいそうで

僕は何故か
泣きそうになった







応援していただけると励みになります。
↓クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ポエムブログへ

またのお越しをお待ちしております。