福猫


……
……えーっと
……どうしよう……

大学からの帰り道
しとしとと冷たい雨が降る中
俺は目の前の光景にしばし呆然とし
そして固まっていた

目の前にはダンボール箱に入れられた
真っ黒な仔猫が一匹
みゃーみゃーと不安げに鳴いている


ふと、何故だか今日は
いつもと違う道を歩いて帰ろうと思ったのだ

それは歩道の植え込みの
ぽっかりと空いた部分に置いてあった

……見つけてしまった

見つけて焦った
親猫が何処かにいるかもしれないと思ったのだが
【拾ってください】と
箱に書かれた子供の文字

うわぁと思わず天を仰ぐ
見えたのは空ではなく傘だけど

俺はその場にしゃがみ込み
傘の中にその仔猫を入れてやった
(さて、どうする?)
ぐるぐる考え込んでいると
後ろから声をかけられた


「あの……大丈夫ですか?」


振り返ると女の子が立っていて
心配そうにこちらを見ている

「あ、大丈夫です。すみません」
(大丈夫じゃないけど)と答えると
「どうしたのですか?」と女の子が聞いてくる


「あっ……と……仔猫が捨てられていて……
飼えればいいのだけど、アパートはペット禁止なんで……
それで途方に暮れてしまって……」

しどろもどろに答えていると
首を傾げた女の子がひょいと覗いてきた

「あ~なるほど。えっと……ちょっと待ってください」

その子はおもむろに携帯電話を取り出し
どこかへ電話をかけた

「あ、お父さん?
今ね仔猫が捨てられているのを見つけちゃって。
診てもらえるかな?」

どうやら親と連絡を取っているようだ

「は~い。じゃ、連れて帰るね」

そう言って電話を切ると
にっこりと笑って仔猫を抱き上げる

「うち動物病院をしているんです。
とりあえず連れて帰って、診察をしますね」

その子が仔猫を撫でながら色々と説明をしてくれた
どうやら保護活動に積極的な病院らしい


はーっと俺は安堵の溜息をつく

「よかった。助かったよ。ありがとう」

「いいえ~放っておけないですし……あ、仔猫ですよ」

「ははは」
俺は脱力した笑顔を返した

「じゃ、急いで父に診察してもらいますね」

「あ、診察代……」と言い終える前に
女の子は足早に行ってしまった

話すテンポが小気味良い可愛い子だった
ここで映画や小説ならば
連絡先などのやり取りをして先が続くのだろうけど
さすがにそんなに上手くはいかないな……

でも、仔猫が安全な場所へ行けて良かったと
ふたたび安堵の溜息をつき
部屋へと帰った




今日は朝から雨が降っている
夕方には止んでくれるかなと期待したが
帰る時間になっても降り続いていた

やれやれと傘を差し
帰り道を歩きながら
あの日の事を思い出していた

あれからふた月は経ったかな……
あの仔猫はどうしているだろうか……

ふと、またあの道を通ってみようと踵を返し
その場所へ向かって歩き出す

(あれ? あそこだったよな)

仔猫がいた所に
あの時の女の子が立っていて
「あ、すごい。会えた~!」と
にっこり笑ってそう言った

俺は突然の出来事にびっくりして
「……なんでここに?」と女の子に尋ねた

「連絡先を聞いていなかったから……
ここで待っていたら会えるかな?と思って」

「え、ずっと待っていたの?」

「いいえ~雨の日でないとわからないから……
しかも今日から待ってみようって思ったところで。
そうしたらすぐに会えたので、びっくりしました」

「雨の日でないとわからないって?」

「えっと……ごめんなさい!!
あの……
その青い傘しかはっきりと覚えていなかったので……」

「傘……」

俺は思わず笑ってしまい
彼女もつられて笑い出した

「あの仔猫。結局うちで飼う事になったんです。
一回里親さんが見つかったけど
先住猫と合わなかったらしく戻ってきて。
うちにいた猫や犬たちとはすぐに仲良くなったので
もう、そのままでいいかって
何より父に懐いちゃって。父も嬉しそうだし」

「そうなんだ。いや、本当にありがとう」

「本当にラッキーな仔猫ですよ。
捨てられてすぐに見つけてもらえたみたいで
そんなに弱っていなかったんです」

「そして君が現れて助けてくれたと」

「検査結果も良好で。ね。ラッキーですよね」

「確かに」

にこやかに会話は弾み
今度はちゃんと連絡先も交換してお互い帰路についた
やった!と俺は喜んだ



部屋に着いて……しばらくした頃携帯電話が鳴った
あの子からのメールだ

写真が添付されていたので開いてみる

三匹の猫と一匹の犬と共に写った
元気そうな仔猫の写真だった

(……日曜日誘ってみようかな)
ダメ元でお礼を兼ねたメールを返信する



そわそわしながら
仔猫たちの写真を待ち受けに設定していたとき
(これで俺も猫バカだ)
あの子から返事が来た

その文面を読み
「俺も楽しみにしています」と独りごちる


ふた月前も今日も。
何かに誘われるようにあの道を通った
そういえば昔は黒猫のことを福猫と呼んでいたらしい

「おまえは本当に福猫なのかもしれないな」

画面の仔猫に向かってそう言うと
みゃーと鳴き声が聞こえた気がした








応援していただけると励みになります。
↓クリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ポエムブログへ


またのお越しをお待ちしております。